不眠症で仕事にも支障が・・・

 

不眠症で仕事にも支障が・・・

 

私は現在30代の会社員です。業務でストレス過多になる度に不眠症に悩まされます。

 

 

元々神経質で完璧主義な気質があり、業務が少々上手くいかないとイライラしてしまい、それを家庭にも持ち帰ってしまいます。子供がまだ小さく妻も産休中なので頻繁に妻の実家に帰省してしまうので、一人で過ごすケースが多いのですが、一人の場合は食生活もコンビニや惣菜で済ませてお酒も多く飲んでしまったりと乱れてしまいますし、お風呂でも布団に入っても仕事の悩みを考えこんでしまって上手く睡眠を取ることができなくなります。気を紛らわそうとして携帯を見ても逆に目が冴えてしまって益々眠れなくなってしまいます。睡眠を取ることができないまま気が付いたら早朝の6時になっていたケースもありました。

 

 

睡眠を取ることができないまま翌日に仕事すると頭は回転しませんし、ミスが続きますし、午後は強烈な睡魔にも襲われます。

 

 

このままでは良くないと不眠の情報をインターネットで検索して情報を得ることから始めました。その中で私はストレスで終日、交感神経が必要以上に働いてしまっているのではないかと考えて対策することにしました。本来、家庭はリラックスすることができ、副交感神経が強く働くはずですがストレスで上手く働かいない場合に眠れなくなってしまうのです。

 

 

先ずはしっかりと半身浴を行い、じっくりと湯船に浸かりました。何も考えないで汗をかきながらじっくり入浴すると疲れも取れてリフレッシュできる効果がありました。また、食生活も極力自炊するようにして、コンビニ食やお惣菜は避けるようにしました。コーヒーも頻繁に飲むのですが、カフェインのあ悪影響を考慮して朝のみで飲用するように変更しました。そして睡眠前に腹式呼吸でリラックスするよう実践しましたが、この方法は上手くいかずに断念してしまいました。

 

 

これらの方法で若干の改善効果がありましたが、中々満足に睡眠が取れなかった為、近隣の精神科に相談に行きました。勿論睡眠薬を処方して頂きましたが、薬に頼りすぎるのは良くないとアドバイスを頂き、完璧主義である自分の性格を変えられないか考えました。例えば自分の中では80点満足いかない仕事でもこれでOKだと自分に言い聞かせてと、自分の中のOKラインを下げていきました。また、上司や、やる気がない先輩を見てイライラもしていましたが、自分は自分の仕事だけと集中するようにしました。結果的には精神科医のアドバイスが最も的確で、自己の性格・マインドを変えることで不眠症は大きく改善しました。